お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

CRバイオハザード0 スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ バイオハザード0©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©Daiichi

Daiichiのパチンコ新台「CRバイオハザード0」のスペックやボーダーラインといった攻略情報です。

言わずと知れた超人気サバイバルホラーゲーム「バイオハザード0」のタイアップ機となっており、MAXタイプとライトミドルタイプが同時導入となりました。

どちらのスペックも特徴的な仕様が変動速度が異なる「DUAL V-rush ST」で業界初の試みとなっています!

ただ基本的なゲーム性自体は至って普通のV-STタイプなので、初打ちでも戸惑うことはないかと思います。

      <--スポンサード リンク-->

CRバイオハザード0 MAXタイプ

スペック

★大当たり確率
1/392.43(確変中:1/76.65)

★賞球数
3&2&5&10&14

★ST突入率
約64%・130回転まで継続

★ST継続率
約82%

★平均連チャン
約5.51連チャン

★潜伏確変
なし

大当り出玉

16R:約1860個
4R:約470個
1R:約120個
ランクアップ:約470~1860個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
4R確変(電サポ130回):54%
1R確変(電サポ130回):10%
4R通常(電サポ100回):36%

【電チュー入賞時】
16R確変:65%
16R確変(ランクアップ):10%
12R確変(ランクアップ):5%
10R確変(ランクアップ):5%
8R確変(ランクアップ):5%
6R確変(ランクアップ):5%
4R確変(ランクアップ):5%
※ST中大当たり後は必ず電サポ130回

ボーダーライン

2.5円:22回
3.0円:20回
3.3円:20回
3.5円:19回
等価:17.4回
※出玉5%減での数値

 

CRバイオハザード0 ライトミドルタイプ

スペック

★大当たり確率
1/239.18(確変中:約1/94.30)

★賞球数
3&2&5&10&11

★ST突入率
約55%・130回転まで継続

★ST継続率
約75%

★平均連チャン
約4.00連チャン

★潜伏確変
なし

大当り出玉

16R:約1410個
10R:約880個
4R:約350個
1R:約90個
ランクアップ:約350~1410個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
4R確変(電サポ130回):45%
1R確変(電サポ130回):10%
4R通常(電サポ100回):45%

【電チュー入賞時】
16R確変:65%
16R確変(ランクアップ):10%
12R確変(ランクアップ):5%
10R確変(ランクアップ):5%
8R確変(ランクアップ):5%
6R確変(ランクアップ):5%
4R確変(ランクアップ):5%
※ST中大当たり後は必ず電サポ130回

ボーダーライン

2.5円:23回
3.0円:21回
3.3円:20回
3.5円:20回
等価:18.6回
※出玉5%減での数値

 

スペック・ボーダー補足

初当たりからのST突入率は高めになっている代わりに、初当たりの出玉が少なめになっている分、展開次第では全く出玉を増やせずに追加投資を迫られることも多そうなスペックです。

ただその分ST中の爆発力が高めなのでツボにハマった時の出玉感は中々なものでしょうね。

このあたりは打ち手の好みではありますが、前者のようなネガティブ要素に嫌気がさしてしまう打ち手も多いかもしれません・・・

 

MAX・ライトミドルタイプどちらもヘソの返しは3発、電チューの返しは2発となっており、MAXタイプの方がボーダーラインは甘め。

電チューまでの距離が短めな分、甘めの釘調整で使用されている場合は微量ながら玉増やしも可能かもしれません!

 

またバイオハザード0は「完全捕獲アタッカー」いわゆるゼロアタッカーを搭載しているため、大当たり中の玉こぼしはほぼ皆無です。

導入台数は約30,000台と多めの機種でこれからの稼働状況に注目です。

パチンコ バイオハザード0 その他の記事

・CRバイオハザード0 初打ちの感想

・CRバイオハザード0 保留・主要演出別信頼度

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ