お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

キャッツアイ(399・299)スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ キャッツアイ©北条司/NSP 1981 版権許諾証 YHT-302 ©平和

平和のパチンコ「CRキャッツアイ」の399Ver.と299Ver.のスペックやボーダーラインといった攻略情報です。

液晶演出が3DCGとなっているのが大きな特徴で、2枚の液晶画面が自在に可動して演出を盛り上げます!

スペックはともにV-STタイプとなっており高継続率タイプとなっており、電サポ中の小当りでも出玉を増やすことが可能となっています。

      <--スポンサード リンク-->

CRキャッツアイ 399Ver.

スペック

★大当たり確率
1/399.6(確変中:1/49.5)

★賞球数
1&3&5&10&14

★ST突入率
65%:100回転まで継続

★ST継続率
約87%

★平均連チャン
約7.70連チャン

★潜伏確変
なし

大当り出玉

【右アタッカー】
15R:約1700個(※)
10R:約1130個
10R:約1120個(※)
7R:約780個(※)
5R:約550個(※)
4R:約430個(※)
※1R分はVアタッカー開放

【Vアタッカー】
1R:約90個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
5R確変:65%
10R通常(時短100回):35%

【電チュー入賞時】
15R確変:35%
10R確変:12%
7R確変:19%
4R確変:24%
1R確変:10%

ボーダーライン

2.5円:24回
3.0円:22回
3.3円:21回
3.5円:20回
等価:18.7回
※出玉5%減での数値

 

CRキャッツアイ 299Ver.

スペック

★大当たり確率
1/299.3(確変中:1/49.5)

★賞球数
1&3&5&10&14

★ST突入率
50%:100回転まで継続

★ST継続率
約87%

★平均連チャン
約7.70連チャン

★潜伏確変
なし

大当り出玉

【右アタッカー】
15R:約1700個(※)
10R:約1120個
8R:約900個(※)
7R:約780個(※)
5R:約550個(※)
4R:約430個(※)
※1R分はVアタッカー開放

【Vアタッカー】
1R:約90個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
5R確変:50%
8R通常(時短50回):50%

【電チュー入賞時】
15R確変:26%
10R確変:14%
7R確変:17%
4R確変:33%
1R確変:10%

ボーダーライン

2.5円:23回
3.0円:21回
3.3円:21回
3.5円:20回
等価:18.8回
※出玉5%減での数値

 

スペック・ボーダーの補足

399Ver.と299Ver.での違いの1つは初当たり時のST突入率で399Ver.は65%、299Ver.は50%と抑えられています。

また399Ver.は時短が100回転付くのに対して299Ver.は時短が半分の50回転となっています。

そして一度STに突入すればどちらも実質的な継続率は87%と高継続率タイプでまとまった出玉獲得に期待が持てますが、299Ver.は399Ver.に比べて出玉の少ない振り分けが高めになっているのも違いの1つです

 

どちらのスペックでも共通の特徴が電サポ中の小当り確率が1/29と跳ね上がっていることで、キャッツマークが揃えば小当りに当選。

小当り中には平均2発の入賞が見込めるのでしっかりと出玉増加を狙いましょう。

 

ボーダーラインはやや辛めのスペックとなっており、電チューの返しが1発となっているため技術介入効果もなし

期待値稼働ではホールの調整がダイレクトに反映されるということになりますね。

パチンコ キャッツアイ その他の記事

・キャッツアイ(甘デジ)スペック・ボーダー攻略

・CRキャッツアイ 実戦感想

・CRキャッツアイ 保留変化・主要演出別信頼度

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ