お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

シティーハンター2017心の叫び スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ シティーハンター 心の叫び©北条つ/NSP 1985 版権許諾証 YMK-303 ©平和

平和のパチンコ新台「CRシティーハンター2017 XYZ 心の叫び」のスペックやボーダーラインといった攻略情報です。

2017年のパチンコ「シティーハンター」は、現行フルスペックの王道タイプで登場!

確変突入率&継続率は規制ギリギリの65%となっており、電サポ中の確変大当たりはオール16Rです!!

※【3/26】技術介入手順を追記。

      <--スポンサード リンク-->

スペック

★大当たり確率
1/319.6(確変中1/37.9)

★賞球数
4&1&3&13

★確率突入率
65%

★確変継続率
65%

★潜伏確変
なし

大当り出玉

16R:約1664個
7R:約637個
4R:約416個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
7R確変(電サポ次回まで):10%
4R確変(電サポ次回まで):55%
7R通常(電サポ100回):35%

【電チュー入賞時】
16R確変(電サポ次回まで):65%
7R通常(電サポ100回):35%

ボーダーライン

2.50円:27.0回
3.03円:25.0回
3.33円:24.0回
3.57円:23.0回
等価:21.8回
※6時間実戦・出玉5%減での数値
※引用元:セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

ゲームフロー・補足解説

ここ最近の平和は、烈火の炎2のような一撃2500発オーバーの機種や、小当りRUSHを搭載した逆転裁判をリリースしてきましたが、2017年版のパチンコ「シティーハンター 心の叫び」はまさに王道と言える確変ループタイプ!

確変突入のメインルートは4R大当たりですが、10%の振り分けで少しだけ出玉が多い7R確変にも当選します。

4R確変&7R確変を合算すると確変突入率は65%となり、確変継続率も規制ギリギリの65%。

 

そして、電サポ中の確変大当たりは全て16R大当たりとなるので、一度確変に突入すればまとまった出玉獲得にも期待が持てますね。

 

また、潜伏確変や小当たりも一切搭載されていないため、通常状態であればいつやめてもOKです。

 

なお、電サポ中の止め打ちに関してですが、最近の機種によく見られるように、シティーハンター2017も電チューの返しが1発となっています。

このことから、しっかりと止め打ちを実践しても玉増えには期待が持てないため、出玉を減らさないための処置と割り切って、コツコツと実践していきましょう。

大当たり中のオーバー入賞は狙える可能性があるので、ホールのハウスルールで禁止されていなければ、捻り打ちを試してみる価値はあると思います。

 

止め打ち手順

電サポ中の止め打ちでお手柄な方法は、電チューが閉じる瞬間に5発打ち出しの繰り返し。

オマケ入賞口への入賞数によっては、これだけで玉が増える可能性もあります。

玉減りしてしまう場合は、電チューが閉じる瞬間に1発打ち出し、0.5秒ほどおいて1発打ち出しを3回繰り返し・・・という手順を実践しましょう。

0.5秒というのはザックリとしたタイミングなので、実戦中に微調整していってください。

 

オーバー入賞手順

下アタッカー消化時にはオーバー入賞に期待が持てます。

8発目の打ち出しを盤面の「CITYHUNTER」の「T」上辺りを狙い、9発目を全開で打つことで通常消化よりもオーバー入賞率がアップ。

手順も簡単なので、積極的にオーバー入賞を狙っていきたいところですね。

パチンコ「シティーハンター2017心の叫び」のその他記事

・シティーハンター2017心の叫び 保留・演出信頼度

・シティーハンター2017(甘デジ) スペック・ボーダー攻略

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ 金田一少年の事件簿2 総まとめ パチンコ 桃剣斬鬼 総まとめ パチンコ エヴァンゲリオン12(2018モデル)総まとめ パチンコ 必殺仕事人5 豪剣 総まとめ パチンコ 麻雀物語 役満乱舞のドラム大戦 総まとめ パチンコ レディーガガ 総まとめ パチンコ 蒼天の拳2017 天羅 総まとめ パチンコ 不二子 Lupin The End 総まとめ パチンコ 真花の慶次2 総まとめ パチンコ 大海物語4 総まとめ パチンコ 喰霊零 総まとめ パチンコ クイーンズブレイド3 美闘士カーニバル 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ