お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

ギルティクラウン スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ ギルティクラウン©ギルティクラウン製作委員会 【MUSIC】Licensed by Aniplex Inc. ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

メーシーのパチンコ新台「ギルティクラウン」のスペックやボーダーといった攻略情報です。

初当たり確率約1/319、確変突入率は約60%の確変ループタイプで、右打ち中の出玉あり大当たり当選時には約2000発の払い出しあり。

ただ、一撃性は抑えられたスペックとなっているため、基本的には細かい連チャンを重ねつつ、ジワジワと出玉を増やしていく展開になると思います。

      <--スポンサード リンク-->

スペック

★大当たり確率
1/319.7(確変中:1/54.1)

★賞球数
4&1&3&5

★確変突入率
60%

★潜伏確変
あり

大当り出玉

15R:約2025個
10R:約1350個
5R:約675個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
10R確変(電サポ次回まで):5%
5R確変(電サポ次回まで):45%
5R確変(電サポ0回):10%
5R通常(電サポ0回):40%

【電チュー入賞時】
15R確変(電サポ次回まで):47%
突然確変(電サポ次回まで):13%
15R通常(電サポ100回):40%

ボーダーライン

※調査中

 

ゲームフロー・補足解説

パチンコ「ギルティクラウン」は王道の確変ループタイプ・・というワケではなく、メーシーのパチンコらしく(?)、潜伏確変を搭載しています。

と言っても、最近の新台は演出上での潜伏確変判別が容易なので、おそらくギルティクラウンも潜伏確変を取りこぼしにくいタイプだと思います。

 

※追記:バトルチャレンジ失敗後には必ずレッドラインモードに突入しますが、潜伏確変状態でもモードを抜けてしまう可能性があるとのこと。

そのため、潜伏判別方法が判明するまでは最低でも確変中大当たり分母の54回転、余裕を持つなら100回転程度は回しておいた方が良さそうです。

また、この手のタイプで怖いのは潜伏確変がループすることですが、ヘソ入賞時の通常大当たり後には時短も一切付かないため、展開負けすると5R大当たりのループでダラダラと追加投資するはめになります。

 

5%の10R電サポ付き確変or45%の5R電サポ付き確変を引き当てれば、次回出玉あり大当たり当選時は必ず15R出玉を獲得できます。

ただし、突然確変振り分けが13%と高めになっていることもあり、15R確変振り分けは47%と抑えられています。

電チュー入賞時の通常大当たり後には100回転の時短が付いてくるため、時短からの引き戻しによる連チャンにも期待はできますが、現在絶賛稼働中の仕事人5のスペックと比べると見劣りしてしまいますね。

 

ちなみに、ギルティクラウンは同時期にスロットも導入されるということで、地域によっては一定の稼働&甘めの調整に期待できる・・・かもしれません。

とりあえず私の地域に限定した場合、遊び打ち以外では打つ機会は無さそうですw

パチンコ「ギルティクラウン」のその他記事

・ギルティクラウン 保留信頼度・重要演出一覧

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ