お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

CR仄暗い水の底から スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ 仄暗い水の底から©2002「仄暗い水の底から」製作委員会 ©藤商事

藤商事のパチンコ「CR仄暗い水の底から」のスペックやボーダーラインといった攻略情報です。

2002年に上映されたホラー映画、「仄暗い水の底から」がパチンコ化!

「仄暗い水の底から」と言えば、恐怖だけではなく、感動的なストーリーも印象的な映画ですよね。

パチンコのスペックはというと、初当たり確率約1/319のミドルタイプで、右打ち中の大当たりはオール15Rとなっています。

      <--スポンサード リンク-->

スペック

★大当たり確率
1/319(確変中:1/60)

★賞球数
5&1&4&12

★ST突入率
80%:100回転まで継続

★ST継続率
約65%

★潜伏確変
なし

大当り出玉

15R:約1250個
7R:590個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
7R確変(電サポ100回):80%
7R通常(電サポ100回):20%

【電チュー入賞時】
15R確変(電サポ100回):80%
15R通常(電サポ100回)20%

ボーダーライン

2.50円:27.8回
3.03円:25.5回
3.33円:24.5回
3.57円:23.9回
等価:22.8回
※6時間実戦・出玉5%減での数値
※引用元:セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

 

ゲームフロー・補足解説

大当たり後には必ず100回転の電サポが付くST機となっている、パチンコ「仄暗い水の底から」。

潜伏確変や小当りは搭載されていないため、やめどきに困ることもありません。

そして、ヘソの返しが5発となっていることも考慮すると、比較的遊び打ちしやすいスペックと言えそうです。

 

ただ、電チュー入賞時の20%で通常(時短)に転落してしまうことや、15R大当たりの出玉が少なめになっているため、最近のミドルタイプと比較すると一撃性能は抑えられています。

初当たりからのST突入率は80%と高いため、一撃で出玉を稼ぐタイプではなく、細かい数珠連で出玉をジワジワ増やしていくことになりますね。

止め打ちでの玉増やしに関してですが、電チューの返しが1発となっていることからも察しが付くと思いますが、全く期待できそうにありません。

導入台数は約10,000台ということですし、期待値稼働での活躍は中々難しそうです。

パチンコ「仄暗い水の底から」のその他記事

・仄暗い水の底から 保留・主要演出信頼度

・CR仄暗い水の底から 止め打ち・セグ・潜伏攻略

・仄暗い水の底から(甘デジ)スペック・ボーダー攻略

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ