お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

火曜サスペンス劇場2(甘デジ)スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ 火曜サスペンス劇場2©NTV ©大映テレビ ©ホリプロ ©東宝芸能 ©山村美紗オフィス ©Sammy ©TAIYO ELEC

タイヨーエレックのパチンコ「火曜サスペンス劇場真実の扉~22の過ち~」のスペックやボーダーラインといった攻略情報です。

人気の「火サス2」が甘デジで早くも登場!

甘デジタイプはST突入率100%となっていますが、ST+時短で構成された連チャンゾーンに持ち込めるかどうかが勝負の分かれ道となります!

      <--スポンサード リンク-->

スペック

★大当たり確率
1/99.9(ST中1/48.1)

★賞球数
4&1&3&7

★ST突入率
100%・STは33回転まで継続

★ST連チャン率
約50%

★平均連チャン
約4連チャン

★潜伏確変
なし

大当り出玉

16R:約710個
8R:約360個
4R:約180個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
16R確変(電サポ100回):10%
8R確変(電サポ100回):5%
8R確変(電サポ33回):80%
4R確変(電サポ33回):5%

【電チュー入賞時】
16R確変(電サポ100回):10%
8R確変(電サポ100回):90%

ボーダーライン

2.50円:24.3回
3.03円:23.2回
3.33円:22.7回
3.57円:22.3回
等価:21.6回
※6時間実戦・出玉5%減での数値
※引用元:セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

 

ゲームフロー・補足解説

火曜サスペンス劇場2の甘デジバージョンの最大の魅力は、やはり何と言っても連チャンゾーンに持ち込んだ際の連チャン性能でしょう。

初当たり時には必ずSTに突入して33回転以上の電サポが付いてきますが、確変(ST)中の大当たり確率が約1/48となっているため、連チャンゾーンへブチ込むまでの道のりは中々険しいですけどねw

連チャンゾーンはST33回転+時短67回転で構成されており、時短引き戻しを含めた実質的な継続率は約75%!

 

大当たり1回あたりの平均獲得出玉は控えめになっているものの、甘デジの中ではまとまった出玉に期待が持てるタイプです。

また、一応初当たり時にも15%で連チャンゾーンへ直行するのは嬉しいところ。

出玉増加の鍵は16R大当たりで、16R初当たりからそのまままとまった出玉を獲得する流れが、最も理想的な展開と言えます。

とりあえず連チャンゾーンに持ち込んで、連チャン中に1度でも16R大当たりを引ければ上出来ですね。

 

なお、止め打ちによる出玉アップですが、電チューの返しが1発ということもあって全く期待できません。

ただ、電サポ滞在比率が高めの甘デジなので、出玉を減らさないための止め打ちはしっかりと実践しておきましょう!

パチンコ「火曜サスペンス劇場 真相の扉-22の過ち-」のその他記事

・CR火曜サスペンス劇場2 スペック・ボーダー攻略

・火曜サスペンス劇場2-真相の扉- 保留・演出信頼度

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ