お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

パチンコ龍が如く- 保留信頼度とプレミア演出・裏ボタン

(注目記事)元ホール店長が会社への腹いせに暴露した、設定1でも勝率7割を超えるための3つの鉄則

パチンコ 龍が如く©SEGA ©TAIYO ELEC

パチンコ「龍が如く 見参!-天照祇園編-」の保留変化・主要演出別の信頼度とプレミアが演出、裏ボタンについてをまとめてみました。

MAXタイプ・ライトミドルタイプ・甘デジタイプの3スペックが導入されていますが、どのスペックも演出は同様です。

遊び打ちで演出を楽しみたい場合には初当たり確率の軽い甘デジバージョンがオススメ。

熱めの演出の信頼度も全てMAXタイプ以上となっています。

ただし甘デジタイプはST突入率が約25%と抑えられているので展開によってはジリ貧となるので要注意ですw

      <--スポンサード リンク-->

保留変化別信頼度

・保留変化は「緑<赤<ピンク豹柄」の順で信頼度アップ。
・赤まで変化すれば信頼度は約48%と激アツ、お馴染みのピンク豹柄変化時の信頼度は80%オーバー!

 

予告演出信頼度

<天啓予告>
・発生時点で信頼度は60%となる激アツ演出。

<親友予告>
・次回予告的な位置づけで発生時点でSPリーチ後半へ発展、トータル信頼度は約64%と激アツ。

<ピンク豹柄>
・様々なタイミングで出現する可能性があり、出現時点の信頼度は60%オーバー!

<7テンパイ>
・龍が如くの7テンパイ時は激アツでテンパイ時の信頼度は約77%

 

リーチ演出信頼度

<相撲SPリーチ>
・トータル信頼度は約6%とほぼ期待はできないが金色やピンク豹柄が絡めば激アツパターンとなる。

<馬券SPリーチ>
・トータル信頼度は約6%となっているが相撲SPリーチ同様金色やピンク豹柄が絡めば激アツ演出に。

<空演奏SPリーチ>
・発展時の信頼度は約10%とイマイチなのでその後の上位リーチ発展に期待。

<御城競馬SPリーチ>
・発生時のトータル信頼度は約25%、タイトル文字色、人気順やスタート順などにチャンスアップパターンあり。
・敵攻撃キャラは「郷龍<真島<綾瀬」の順で信頼度アップ、綾瀬だった場合は信頼度50%オーバー!

<悪人成敗SPリーチ>
・発生時のトータル信頼度は約25%、タイトル文字色や貼り紙で金色出現時の信頼度は60%オーバーと激アツ。

<巌流島決戦SPリーチ>
・発生時点で激アツとなるリーチ演出でトータル信頼度は約61%と激アツ。
・ピンク豹柄、レインボーが絡めば大当たりが濃厚!?

 

プレミアリーチ

<祇園藤次謝罪SPリーチ>
・発展時点で大当たり+ST突入が濃厚となるリーチ演出。

<漢鬼神対談全回転SPリーチ>
・全回転リーチで発生すれば大当たり+ST突入が濃厚。

 

裏ボタン

※現在調査中。

 

激アツ演出の複合にも注目

発生時点で信頼度の高い演出が多いですが、演出の複合にも注目です。

激アツ系の演出が複合した場合の信頼度は軒並み90%オーバーということでほぼ大当たりが確定となります!

 

保留変化に関してはもちろんピンク豹柄は激アツとなるんですが、赤保留でもそれなりに信頼度は高め、その後の展開を見守りましょう。

 

プレミア演出はレインボーなどもそうなんですが、リーチ系演出を紹介してみました。

「祇園藤次謝罪SPリーチ/漢鬼神対談全回転SPリーチ」の2つとなっているんですが、どちらも発展時点で大当たり+ST突入が濃厚、どのスペックもST中の出玉性能がかなり高めなので大量出玉に期待したいところですね。

原作ゲームをプレイしたことがあればコミカルな演出を楽しみつつ打つことができるので、パチンコを打つ前には是非ゲームもプレイしてみるといいかと思います。

パチンコ 龍が如く見参!天照祇園編 その他の記事

・パチンコ龍が如く見参!天照祇園編 モード演出について

・パチンコ龍が如く 見参!(甘デジ・ライト)スペック・ボーダー攻略

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が会社への腹いせに暴露した、設定1でも勝率7割を超えるための3つの鉄則

パチンコ 牙狼 ゴールドストーム翔 総まとめ パチンコ アナザーゴッドハーデス アドベント 総まとめ パチンコ 魔法少女まどかマギカ 総まとめ パチンコ リング 終焉ノ刻 総まとめ パチンコ 必殺仕事人5 総まとめ パチンコ 北斗の拳7 総まとめ パチンコ 攻殻機動隊(サミー)総まとめ パチンコ シンフォギア 総まとめ パチンコ 真北斗無双 総まとめ パチンコ ハイスクールオブザデッド 総まとめ パチンコ めぞん一刻4 約束 総まとめ パチンコ 交渉人真下正義 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ