お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

世界でいちばん強くなりたい! 保留・演出信頼度

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ 世界でいちばん強くなりたい©ESE/世界でいちばん強くなりたい!製作委員会 ©藤商事

藤商事のパチンコ「世界でいちばん強くなりたい!」の保留変化や主要演出信頼度のまとめです。

大当たりに絡んできやすい演出は、「世界でいちばん強くなりたい!予告/図柄拡大アタック予告(金)/絶叫インパクト/昇天チャンス」といった4大絶叫チャンス。

お色気たっぷりの演出や役モノは必見ですw

【4月14日 更新】保留変化パターンや、各演出の信頼度詳細を追記。

      <--スポンサード リンク-->

保留変化

・保留の色変化別の信頼度は、「緑(約7%)<赤(約51%)<金(約81%)」の順でアップ。
・さくら保留、会長保留の信頼度は約20%程度。

予告信頼度

<ピンク系予告>
・絶叫インパクト発生のチャンスとなる予告演出。

<さくら連続予告>
・さくらの連続技の種類で信頼度が変化。

<大イナズマ予告>
・画面中央に大きなイナズマが発生するチャンス予告。

<背景チェンジ予告>
・カットインを契機に背景が変化するチャンス予告。

<SDキャラステップアップ予告>
・キャラが3人以上出現すればチャンス。

<インフォメーション予告>
・リングサイドの大型ビジョンで信頼度が変動。

<さくらアタック予告>
・さくらのコスチュームの色で信頼度が変動。

<ジャッカルNo.1予告>
・ジャッカルのカットイン発生で信頼度アップ。

<図柄スポットライト予告>
・図柄の台座にあるスポットライトが光れば信頼度アップ。

<世界でいちばん強くなりたい!予告>
・その名の通り、さくらが「世界でいちばん強くなりたい!」と宣言する激アツ予告!
・発生時のトータル信頼度は約50%

<図柄拡大アタック予告(金)>
・図柄拡大予告は金枠なら激アツ!
・赤色の信頼度は約11%程度だが、金色であれば信頼度は約55%と大幅にアップ!

<絶叫インパクト>
・絶叫しながら悶絶役モノが作動する激アツ予告。
・発生時の信頼度は約37%と、その後の展開に期待。

<昇天チャンス>
・発生時点で激アツとなる4大絶叫チャンスの1つで、さくらが昇天すれば大当たり。
・発生時のトータル信頼度は約51%

 

リーチ信頼度

<キャラリーチ>
・「宮澤エレナ/夏田朱里/福岡萌/藤下香苗」の4パターンが存在。
・発展時のトータル信頼度は約1.8%と、直当たりにはほぼ期待が持てず。

<さくらチャンス>
・「ラリアットリーチ/キック乱舞リーチ」といったパターンがあり。
・発展時のトータル信頼度は約22%。

<バトルラッシュ>
・発展時のトータル信頼度は約35%となる高信頼度リーチ。

<VSリーチ>
・「VS鈴元千夏/VS風間璃緒/VSジャッカル東条」といったパターンがあり、さくらが覚醒すれば激アツ!
・さくらのパワーアップで信頼度が激変し、「通常パターン」なら信頼度は約5%程度、「Special Fight」なら約18%、「覚醒」なら約37%と大当たりに期待が持てる。

<ストーリーリーチ>
・「宿命のライバル/永遠のセンターアイドル/さくら、涙の50連敗」の3種類が存在する。
・ストーリーリーチ発展時のトータル信頼度は約60%

<オールキャストマルチラインリーチ>
・発展時点で灼熱に熱いリーチで、トータル信頼度は約66%

<チャレンジバトル>
・発展時のトータル信頼度は70%オーバーとなる鬼アツ演出!

<ラッキーパトチャレンジ>
・お馴染みの激アツ演出で、発生時のトータル信頼度は約79%!!

 

4大絶叫チャンスが鍵

冒頭でも紹介した4大絶叫チャンスは、どれに関しても発生時点で激アツ!

私は原作は知りませんが、要所要所でお色気演出が発生するため、真顔で打つのもニヤけて打つのも恥ずかしいですねw

演出別の信頼度は詳細が判明次第追記していきますが、比較的シンプルで分かりやすい構成になっていると思われます。

 

また、思い入れのあるキャラを自分好みにカスタマイズできる機能もあるので、原作ファンにとっては打ちがいがあるのではないでしょうか?

ただ、キャラをカスタマイズするには打ち込んで、コツコツとポイントを貯める必要がありますけどねw

パチンコ「世界でいちばん強くなりたい」のその他記事

・世界でいちばん強くなりたい! スペック・ボーダー攻略

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ