お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

CR閃乱カグラ スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ 閃乱カグラ©Marvelous/『閃乱カグラ』パートナーズ ©TAKAO

高尾のパチンコ「CR閃乱カグラ」のスペックやボーダーラインといった攻略情報です。

高尾の美少女シリーズ第3弾となる「閃乱カグラ」は、初当たり確率約1/229の確変ループ&リミット機。

役モノをはじめとした、ユニークな演出にも注目の新台ですねw

      <--スポンサード リンク-->

スペック

★大当たり確率
1/229.9(確変中:1/33.3)

★賞球数
4&1&7&3&10

★確変突入率
50%

★潜伏確変
なし

大当り出玉

16R:約1070個
12R:約810個
4R:約270個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
4R確変(電サポ次回まで):11%
12R確変(電サポ次回まで):24%
16R確変(電サポ次回まで):15%
4R通常(電サポ10回):10%
4R通常(電サポ40回):25%
4R通常(電サポ60回):10%
4R通常(電サポ80回):5%

【電チュー入賞時】
4R確変(電サポ次回まで):16%
12R確変(電サポ次回まで)45%
16R確変(電サポ次回まで):20%
4R通常(電サポ100回):19%

※リミット5回到達後は時短100回

ボーダーライン

2.50円:28回
3.03円:26回
3.33円:25回
3.57円:25回
等価:23.8回
※6時間実戦・出玉5%減での数値
※引用元:セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

 

ゲームフロー・補足解説

初当たりからの確変突入率は50%となっており、確変非当選となった場合には10~80回転の時短に突入。

確変非当選だった場合の平均時短回数は約39回となり、引き戻しを含めれば初当たりからの確変突入率は約58%までアップします。

そして、連チャンモードに突入すれば大当たり時の81%で確変当選となり、確変非当選となった場合にも100回転の時短あり。

時短引き戻し込みの連チャンモード継続率は約88%となるので、規制後の機種とは思えない連チャン性能を秘めているように見えます。

 

ただし、パチンコ「閃乱カグラ」はリミット機というところがポイント。

如何に継続率が高かろうと、確変は5連した時点で強制的に終了してしまうため、結果的に連チャン性能が抑えられているというワケですね。

また、大当たり1回あたりの出玉も抑えられているため、一撃性能も高くはない機種です。

 

そして、電チューの返しは1発ということで、止め打ちによる玉増えには期待が持てません。

そもそもの導入台数が約6,000台程度と少ないこともあり、遊び打ちくらいでしか打つ機会はなさそうですね。

パチンコ「閃乱カグラ」のその他記事

・CR閃乱カグラ【パチンコ 保留・演出信頼度

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ