1月18日レクタングル
お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

CR嘘喰い スペック・ボーダー攻略と実戦感想

パチンコ 嘘喰い©迫 稔雄/集英社(週間ヤングジャンプ連載) ©TAIYO ELEC

タイヨーエレックのパチンコ「CR嘘喰い」のスペックやボーダーといった攻略情報です。

嘘喰いは週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の人気コミックで、純粋に気になっていた機種でもあるんで実戦の感想もあわせて書いておきます。

スペックは初当たり確率約1/392のMAXタイプで潜伏ループがある点に注意!

ボーダーライン自体が辛めなんで、期待値稼働では潜伏狙いがとなってくるでしょうね。

スペック

★大当たり確率
1/392.4

★賞球数
3&2&7&10&15

★確変突入率
76%

★平均連チャン
約4.25連チャン

★潜伏確変
あり

大当り出玉

【下アタッカー】
10R:約520個

【右アタッカー】
16R:約2230個
5R:約560個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
4R確変(電サポ次回まで):17.0%
10R確変(電サポ次回まで):36.5%
10R確変(電サポなし・潜確ループ):12.5%
潜伏確変(電サポなし・潜確ループ):10.0%
10R通常(電サポなし):24.0%

【電チュー入賞時】
16R確変(電サポ次回まで):75.0%
突然確変(電サポ次回まで):1.0%
突然時短(電サポ100回):4.2%
突然通常(電サポ0回):19.8%

ボーダーライン

2.5円:24回
3.0円:22回
3.3円:21回
3.5円:21回
等価:19.4回
※出玉5%減での数値

 

スペック・ボーダー補足

一度確変に突入し電サポが付けば75%で16R大当たりに当選。

ただしヘソでの潜確確変振り分けがトータルで22.5%もある上に潜伏ループしてしまうことも・・・

かなりの荒波仕様となっているので展開が悪い方に偏るとかなり厳しい機種と言えます・

 

ボーダーラインも等価で約19.4回と辛めですが、ゼロアタッカーを搭載しておりこぼしがなしと考えれば幾分かはマシにはなりそう。

電チューの返しは2発となっているんで確変中にどれくらい玉増やしができるかどうかにもかなり左右はされますねー。

導入台数は約5,000台と少なめになっていることを考えればプラス調整にはあまり期待が持てそうにありませんけどw

 

実戦感想

スペックを見た時から覚悟はしていましたがやっぱし辛いという印象が強いですww

何より下アタッカーが4Cで10R出玉が500発程度しかないのはかなり堪えますね。

これで潜伏当選時なんかはかなり滅入りますw

もし潜伏ループしたら尚更ですよね・・・

 

演出面に関しても原作を知っているだけにどうしても物足りなさやバランスの悪さを感じてしまいました

まあMAXタイプというスペック上ある程度はしょうがないですかねー、演出を楽しみたいのであれば甘デジ導入まで待つのが一番無難だとは思いますww

MAXタイプを期待値稼働で狙うとすればやはり潜伏狙い一択となってきそうです。

パチンコ 嘘喰い その他の記事

・CR嘘喰い【甘デジ】スペック・ボーダー攻略

・CR嘘喰い セグ・潜伏確変判別方法

・CR嘘喰い 保留変化・主要演出別信頼度

1月18日レクタングル

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ