お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

ヤッターマン われら天才ドロンボー スペック・ボーダー攻略

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチンコ ヤッターマン 天才ドロンボー©タツノコプロ ©San Three

サンスリー(三洋系)のパチンコ「CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~」のスペックやボーダーラインといった攻略情報です。

今回のヤッターマンは規制ギリギリフルスペック!

継続率65%の「SUPERおしおきモード」に突入すれば、50%が約2400個の大当り出玉となる「超ドロンボーナスBIG」!

確変突入時の一撃性能を高めたタイプですが、展開負けした場合は目も当てられない状況に・・・!?

スペック

★大当たり確率
1/319.6(確変中1/39.9)

★賞球数
4&1&3&15

★確変突入率
65%

★潜伏確変
あり

大当り出玉

16R:約2400個
6R:約900個
3R:約450個

大当り振り分け

【ヘソ入賞時】
16R確変(電サポ次回まで):1%
6R確変(電サポ次回まで):2%
6R確変(電サポ0回※初回のみ):10%
6R確変(電サポ0回):5%
3R確変(電サポ次回まで):32%
突然確変(電サポ次回まで):15%
6R通常(電サポ0回):35%

【電チュー入賞時】
16R確変(電サポ次回まで):50%
6R確変(電サポ次回まで):6%
3R確変(電サポ次回まで):9%
6R通常(電サポ100回):35%

ボーダーライン

2.50円:25.0回
3.03円:23.0回
3.33円:22.0回
3.57円:21.0回
等価:20.1回
※6時間実戦・出玉5%減での数値
※引用元:セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

ゲームフロー・補足解説

パチンコ「ヤッターマン われら天才ドロンボー」は確変ループタイプとなっていますが、特徴としては何と言っても出玉性能です。

確変突入率&継続率は65%と、規制スペックギリギリまで高めつつ、電チュー大当りの50%が約2400発の出玉となる「超ドロンボーナスBIG」となります。

ガンツの様な小当り等は搭載せず、一回の大当りでガツンと出玉を獲得できるタイプです!

 

超ドロンボーナスが2連続するだけで約4800発の払い出しとなり、3連すれば7200発の払い出し!!

更に一度右打ち状態に持ち込むことができれば、確変非当選となった場合も必ず100回の時短が付いてくるので、引き戻しからの連チャンにも期待が持てます。

ただ、一撃性能を尖らせた反面、展開負けした場合は悲惨なことになります。

 

まずは、ヘソ経由の大当たりで確変非当選となった場合、時短が一切付いてこないこと。

とりあえず900発の払い出しがあるのはまだ良心的と言えますが、初当たり確率約1/319のミドルスペックということもあり、あっという間に出玉を持っていかれますw

そして、ヘソ経由の大当たりは15%の振り分けで潜伏確変状態となること。

確変中の大当たり確率は約1/40となっているため、大ハマリすることは稀ですが、ヘソからの大当たりでは大した出玉を獲得できませんし、潜確状態から6R通常を引き当ててしまった時には辛いですよね・・・

 

なお、潜伏確変については演出で判別できるので、潜伏確変に気付かず取りこぼしてしまうということだけは避けられます。
(※ドクロベェ指令ゾーンを抜ければ通常確定)

また、電チューの返しは1発ということで、止め打ちは出玉を減らさないための処置と割り切って実践していきましょう。

パチンコ「ヤッターマン われら天才ドロンボー」のその他記事

・ヤッターマン われら天才ドロンボー 保留・演出信頼度

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ