お役立ちページ
パチンコ攻略情報・50音順リスト

CRルパン三世2015 保留・主要演出信頼度

[PR]「AV女優の騎乗位はマジでエロい!」AV女優の元カレが話す、AV女優と付き合うための3つの方法

パチンコ ルパン三世 I'm a super hero©モンキー・パンチ/TMS・NTV ©平和

平和のパチンコ「CRルパン三世-I’m a super hero-」の保留変化や主要演出別の信頼度をまとめてみました。

パチンコルパン三世シリーズ第9弾ということで最近の機種の中では最も注目されていますね。

またRTC機能によって全5話のオリジナルストーリーも展開されるということで、ルパン好きなら全話を観ておきたい所です。

保留変化別信頼度

・保留の色変化は「点滅<青<緑<赤」の順で信頼度アップ。
・保留メーター信頼度は全30段階が存在し、「白<青<緑<赤」と段階的に信頼度がアップ。
・「Lv30/メーターⅢ」の信頼度は約65%、「Lv30/赤Ⅲ」の信頼度は約50%、「Lv30/金Ⅲ」の信頼度は80%オーバー!

 

予告演出信頼度

<タイマー予告>
・お馴染みタイマー予告発生時のトータル信頼度は約24%。
・タイマーが赤だった場合や複数だった場合にはチャンスアップ、タイマー×2の信頼度は約39%、赤タイマーの信頼度は約42%
★タイマー3個作動の場合の信頼度は90%オーバーと鬼アツ。

<ストーリー連続予告>
・擬似×3時のトータル信頼度は約25%。
・金ロゴテープなら信頼度は50%オーバー。

<REACH THE RUSH>
・リーチ後に発生することのある擬似連で発生時のトータル信頼度は約19%。
・強パターンである「REACH THE RUSH SPECIAL」「REACH THE RUSH BURST」もあり。

<7テンパイチャレンジ予告>
・チャレンジ成功で信頼度は80%オーバーと超激アツ。

<タイプライター予告>
・ルパン三世シリーズお馴染みの高信頼度予告演出。
・発生時のトータル信頼度は70%となり激アツ。

<俺の名はルパン三世予告>
・リーチ後に発展することのある予告演出で大当たりの多くに絡んでくる演出。
・発生時のトータル信頼度は約46%となりタイプライターが発生すれば信頼度は70%オーバー。

<トラ柄演出>
・平和お馴染みの激アツ柄で様々なタイミングで出現することあり。

 

リーチ演出信頼度

<ミッション系リーチ>
・「次元/五エ門/ルパン/不二子」に加えて全キャラが登場するスーパーヒーローver.が存在。
・スーパーヒーローver.なら大当たりに期待。

<TVスペシャル系リーチ>
・「次元<五エ門<ルパン」の順で信頼度がアップ。
・次元、五エ門の信頼度は10%未満と期待薄だが、ルパンの場合は信頼度約17%とチャンスアップ次第では直当たりにも期待が持てる。

<SPECIALリーチ>
・「次元<五エ門<ルパン」の順で信頼度はアップするが最も信頼度の高いルパンでも信頼度は約11%と単体では大当たりには期待が持てず。

<3人協力SPECIALリーチ>
・最強リーチで発展時のトータル信頼度は80%オーバーとなる。

<ルパンザチャンス>
・発生時点でそれなりに期待が持てる演出で「次元<五エ門<ルパン<不二子」の順で信頼度はアップ。
・ルパン発展時の信頼度は50%オーバー、不二子の場合は89%と超激アツ。
(※次元は約29%、五エ門は約31%)

 

チャンスアップパターンが重要

リーチ演出に関してはルパンザチャンスを除けば3人協力リーチが最も信頼度が高くなっていますが、その他リーチの信頼度は低め。

ただし金系などのチャンスアップが絡めば信頼度は飛躍的に上がるので弱めのリーチ発展時にも目が離せませんね。

逆に単体でも信頼度の高いリーチや予告は80%を超えるものもあり、ガセった場合にはかなりショックを受けそうw

 

実践感想を聞く限りでは通常時に関しては過度な煽りもなく演出バランスも考えられているとのことだったのでホールの扱い次第では長期稼働が見込めそうです。

パチンコ ルパン三世2015 その他の記事

・CRルパン三世2015 潜伏・セグ・止め打ち攻略

・CRルパン三世2015 スペック・ボーダー攻略

・ルパン三世 不二子におまかせ(甘デジ)スペック・ボーダー攻略

・ルパン三世 不二子におまかせ178 スペック・ボーダー攻略


パチンコ ウルトラセブン2 総まとめ パチンコ 大海物語4ブラック 総まとめ パチンコ 綱取物語 総まとめ パチンコ ダイナマイトキングin沖縄 総まとめ パチンコ ジューシーハニー2 総まとめ パチンコ 七つの大罪 総まとめ パチンコ アクエリオンW 総まとめ パチンコ 真花の慶次 漆黒の衝撃 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ