リング 終焉ノ刻(甘デジ)スペック・ボーダー攻略

パチンコ リング 終焉ノ刻

パチンコ リング 終焉ノ刻©1999鈴木光司 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店 ©1998「リング」「らせん」製作委員会 ©1999「リング2」製作委員会 ©藤商事

藤商事のパチンコ「CRリング 終焉ノ刻」の甘デジバージョンのスペックやボーダーといった攻略情報です。

甘デジ版はメインスペックと同じST機となっていますが、電チュー経由の大当たり時には必ずSTに突入(継続)するといった特徴あり。

ただし、通常時とST中の大当たり確率がほとんど変わらず、メインの大当たりが5R大当たりに変更されています。

スペック

大当たり確率 通常時:約1/99
ST中:約1/90
賞球数 4&1&6&8&10
ST突入率 ヘソ入賞時:60%
電チュー入賞時:100%
ST継続率 約65%
平均連チャン数 約2.9連チャン
電サポ 50回or94回
潜伏確変 なし

大当たり出玉

ラウンド 払い出し
16R 約1354個
5R 約423個

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 振り分け
5R確変 94回 60%
5R通常 50回 40%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ 振り分け
16R確変 94回 15%
5R確変 94回 85%

ボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉5%減
2.50円 23.7 25.1
3.03円 22.5 23.8
3.33円 22.1 23.3
3.57円 21.7 22.9
等価 21.1 22.3
ボーダー算出条件
実戦時間 6時間
大当たり出玉 16R:1354個
5R:423個
電サポ中増減 1回転あたりマイナス0.8個

引用元:セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

止め打ち攻略

・電サポ中の止め打ちは簡単かつ効果が大きめですが、大当たり中のオーバー入賞狙いは難易度が高くなっています。

電サポ中の止め打ち

・電チューが閉じたら7発打つの繰り返し。

オーバー入賞狙い

・アタッカーに8発入ったら打ち出しをやめ、9発目を弱めに打ち出した後、10発目を強めに打ち出す。

※止め打ち手順はメインスペックのものです

ハマリ発生確率

ハマリ 確率
100ハマリ 36.2%
200ハマリ 13.1%
300ハマリ 4.8%
400ハマリ 1.7%
500ハマリ 0.6%
600ハマリ 0.2%
700ハマリ 0.1%
800ハマリ 0.03%
900ハマリ 0.01%
1000ハマリ 0.004%

ゲームフロー

パチンコ「リング 終焉ノ刻」の甘デジスペックは、初当たり確率約1/99のV-ST機。

ST突入率自体はメインスペックよりもやや高くなっており、60%で94回転のSTに、40%で50回転の時短に突入します。

また、甘デジにしてはSTが94回とロング継続しますが、その分ST中の大当たり確率は約1/90と重めに。

 

そして、メインスペックとの最大の違いは、電サポ中の大当たりのメインが5Rとなっている点です。

ただ、電チュー大当たりからは通常に転落することが無くなりましたし、16R大当たり振り分けも15%あるため、展開が良ければ短時間でまとまった出玉を獲得することはできます。

 

これまでのパチンコリングはホールで長く稼働するヒット機種になっていますが、果たして終焉ノ刻の甘デジ版はロングヒットするのかどうか・・・?

なお、電サポ中&大当たり中の止め打ちに関してはメインスペックのものを流用できると思われるため、そのままの手順を載せてあります。

パチンコ「リング2017 終焉ノ刻」のその他記事

・リング2017 終焉ノ刻 スペック・ボーダー攻略

・リング2017 終焉ノ刻 保留信頼度・重要演出一覧

・リング 終焉ノ刻 初打ち感想・評価

・リング 終焉ノ刻 潜伏・セグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。