牙狼 ゴールドストーム翔 初打ちの感想と評価

牙狼 ゴールドストーム翔

牙狼 ゴールドストーム翔©2005 雨宮慶太/Project GARO ©2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル ©2011「呀」雨宮慶太/東北新社 ©2013「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社 ©2014「GOLD STORM」雨宮慶太/東北新社 ©2010-2015 雨宮慶太/東北新社 ©Sansei R&D

サンセイR&Dのパチンコ新台、「牙狼 ゴールドストーム翔(牙狼7)」が2017年7月31日より導入されましたね!

最近では新台でも少数設置が目立つ傾向ですが、やはり人気の牙狼シリーズといったところで導入台数はしっかりしたお店が目立ちます。

最新台といっても全国的に設置台数が多いので、もう打たれた方も多いかと思います。

私も早速の初打ちをしてきましたので、率直な感想を書いてみました!

衝撃の筐体!!

パチンコ「牙狼 ゴールドストーム翔」で、最初に衝撃を受けたのは筐体です!

これには誰もが(色んな意味で)圧倒された事でしょうw

お馴染みの役物である牙狼剣やF.O.G(フェイス・オブ・ガロ)が進化を遂げ、さらに新しい役物や2分割された大型液晶「バーティカルヴィジョン」には新台らしい新鮮さがあり、打つ前からワクワクさせてくれましたwww

 

初打ちの感想

さて、パチンコ「牙狼 ゴールドストーム翔」を実際に打ってみた感想は・・・

通常時は割と静かな感じで最近のパチンコにしては淡々としている感じがしました。

これは人によって受け取り方が違うでしょうが、私としては煽りが少なく打っていて気持ちが楽でした。

 

全体的な感じとして、「魔戒ノ花」よりも「金色になれ」を継承した感じに仕上がっているかと思います。

F.O.G演出は進化していて今作はクリアな板に牙狼の顔が描かれているもので、発光色がそこを透き通る感じがとても綺麗な仕上がりで感動しました!!

 

牙狼剣に引き抜く操作が?!

また、牙狼剣も押し込むだけではなく、「牙狼 ゴールドストーム翔」では引き抜く操作も加わりました。

役物の大きさがやけにあるな~と思っていたら、牙狼剣だけではなく斬馬剣まで出てくるじゃないですか!

抜いた瞬間に液晶上で牙狼が斬り込む様に飛び出してきて~、抜いた剣を押し込むっ!・・・たっ楽しい!!w

 

液晶とリンクした感じの一体感が良いですね~、剣を抜いた瞬間に「斬馬剣であってくれ!」、といった具合に脳汁出まくりますしwww

そして、最大のインパクトはやはりコレ!

P.F.O.G(パーフェクト・フェイス・オブ・ガロ)の存在感が半端ない!

 

前作の左右から起き上がり合体し、角がニョキニョキ生えてくるやつにも衝撃でしたが、「牙狼 ゴールドストーム翔」にはそれを超えるインパクトがっ・・・!

これは是非ホールにてご自身で確認して頂きたく思います!

 

STの消化スピードがマイルドに

ST中に関してはお決まりのロングSTとなっておりますが、「牙狼 ゴールドストーム翔」のSTは今までほどの疾走感はなく、消化スピードは少しマイルドな感じになっています。

とはいえダラダラした感じでもなく、「もう終わっちゃう!」というより「まだ80回転か、イケる!」という気持ちにどことなくさせてくれるスピード感になっていました。

簡潔に言えばST中が長く感じられる分、期待感も延長しているといった感じ。

えぇ・・・確率は変わらないのですが、気持ちが大事なんですw

 

管理人の評価

最後になりますが、全体的な完成度は高いと思います。

アツいところがハッキリしているので無駄に煽られることが少なく、大画面の迫力やギミックなど楽しませるのが上手いと感じる出来となっていました。

個人的なパチンコ「牙狼 ゴールドストーム翔」の評価は、スペック面を含めて★4つ(5段階評価)!・・・とさせて頂きますw

パチンコ「牙狼 ゴールドストーム翔」のその他記事

・牙狼2017 ゴールドストーム翔 保留信頼度・重要演出一覧

・牙狼 ゴールドストーム翔 スペック・ボーダー攻略

・牙狼 ゴールドストーム翔 セグ・潜伏・やめどき解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。